*

「仏生山温泉 天平湯」香川県にある日帰り温泉が超おしゃれだった

公開日: :

香川県高松市にある、仏生山温泉 天平湯に行ってきました。

HPで見た感じもおしゃれですが、実物は想像以上におしゃれでした。
多分今まで全国で行った中でダントツでおしゃれで居心地のいい温泉だと思いました。

古民家風に今風を融合したようなおしゃれな設備

例えばロッカーが木製のちょっと古風な感じでつくられてたり、内装も床とか木がたくさん使われていて、おしゃれで落ちつくなあと感じました。
入ってすぐリラックスできるスペースがあるんですが、廊下との境目がないからすごく広々としていて入りやすいと感じました。

写真 4

写真 1

ー50m本屋

また、中では「50m古本屋」という企画があり、細長く本が販売されていてそれを購入してお風呂の中で読む事が出来るらしい。読書好きとしてはたまらない企画です。
中の露天風呂には、低温の温泉があり、そこだと長く使っている事ができるようです。

写真 5

▲こんな風に、細長く本が売られていました。夜明け前第二部「下巻」だけ売られていたりするようなゆるさもいい感じです

木や緑の空間と、はだかの客たちがマッチして、景色としてもおしゃれ

そんな風に感じたの初めてでしたので驚きました。「この温泉の雰囲気いいなあ」と思う事はありましたが、「温泉の空間+はだかのひとたち」を全体としておしゃれに見える空間というのは今までみたことがなかったので、新鮮な感じでした。
(まあ、男子風呂でもそう見えるかどうかはわかりませんが 笑)

設備も、中の露天風呂が紅葉とか緑がたくさん植わっていて、ライトアップが美しかったです。

仏生山温泉は、お父さんが家族に反対されながら掘り当てた温泉を息子さんが設計したものらしい

この一風変わったこだわり感が感じられる温泉、一体どんな人が作ったんだろうと調べてみました。

どうやら、代々飲食店をされている方が、「温泉を掘りたい」とずっと言っていて、温泉が出るかもしれないというウワサだけで温泉をほりはじめたそうなんです。でご家族はお金もかかるし当然反対されたんだそうです。
当時、息子さんは設計士として東京の建築事務所で働いておられたそうなんですが、独立して地元で起業しつつ家業を継ごうと戻ってきてみたら、温泉が掘り上がっていたんだそうです(笑)
儲ける事より先に気持ちのよい場所をつくりたくて、循環式でなく「かけ流し」を採用したり、中で本を読んでのんびりしていいですよ、という企画をしたり、ジャグジーとかそういう大衆受けしそうなことはあえてやらなかったり、そういう設計士である息子さんの好みが多分に反映された作りになっているそう。

▼参考インタビュー記事はこちら(外部リンク)
カンバセーション

仏生山温泉HP

スポンサードリンク

Sponsored Link

関連記事

うだつプチマルシェに行ってきました♪(徳島県阿波池田)

徳島県池田町のうだつプチマルシェにいってきました。 うだつマルシェとは、阿波池田駅周辺地域で行

記事を読む

善通寺観光、宮川製麺所、宿泊は「風のくぐるゲストハウス」香川県善通寺観光を満喫!

香川県善通寺周辺を観光してきました。 もともと善通寺へは行く予定がなかったんですが、お宿に帰る電車

記事を読む

秘境カフェが徳島にオープン!「出合小学校」体にやさしいランチやケーキが楽しめる。

徳島県三好市池田町の廃校となっていた出合小学校を 活用したカフェ(ハレとケデザイン舎)が2014年

記事を読む

天空の里、徳島県の大歩危にある宿「空音遊」が癒される

徳島県の天空の里とも言われる西祖谷、大歩危にある「自然菜食と田舎暮らしの古民家宿 空音遊(くうねるあ

記事を読む

「天空の里」徳島の温泉巡り超格安チケットが2015年春まで販売中。

「天空の里」日本最後の秘境と呼ばれる徳島県の祖谷地方で、 2015年3月末まで限定のお得なチケット

記事を読む

芸術祭が徳島各地で開催!【2014秋】

秋と言えば、芸術の秋ですねー。 徳島各地で芸術祭が開催されていてとても気になっています。

記事を読む

ひろめ市場(高知県)のハロウィンが面白かった

先日高知県で有名なひろめ市場に行ってきました。 昼間から近所のおじさんたちがビールを飲んでいた

記事を読む

年末年始の国内一人旅、徳島の秘境で温泉巡りつき「運気アップラン」(2014-2015)はいかが?

年末年始にかけての予定をそろそろ立て始める時期かも知れませんね。 せっかくの休みだし、一人旅でのん

記事を読む

写真 3

カフェ・アジール(高松・仏生山)のランチ、北浜アリーのドージー・・・香川の古民家カフェがおしゃれ。

高松の友人がカフェ好きで、いろんなところに連れて行ってくれたんですが、 古さを生かしつつ空間がおし

記事を読む

スポンサードリンク

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

Sponsored Link
  • 作者(とまと)です

    「わらちゃん」です。
    元々、関西出身で大阪でバリバリ働いていたんですが、そのころから生き方とか色々考えた結果、ナリワイで生きる、好きな場所で生きる、ということがいいんじゃないかと思うようになりました。
    現在は徳島の山奥にある宿に棲み着きながら面白いお話を収集しています。
    またお宿に棲み着きのインタビュアーとして面白い人生の事例を集める「人物図鑑」特集も実施しています。

    詳しいプロフィールは自己紹介ページで


  • ikikatamini2

    流れのままに生きていると、どこに辿り着くのだろう。
    聞いていて、自由だな〜とか面白いなあ〜といういきかたをしていると感じた、個人やカップルの事例を取り上げていきます!いきかた図鑑

  • ミニバナーカップル

    お宿で聞いた面白いカップルの出会い方をまとめた「出会い編」カップルや夫婦での新しいありかたを書いた「カップル生き方編」を綴っていきます。そんなカップルありなんだ!自由すぎる!と新しい発見があるかもしれません。続きはこちら

  • bashoミニ
    いいものを扱う場所、いい出会いを演出する場所、すてきな空間。人生が変わる場所。いいな、と思う場所を集めています。続きはこちら

PAGE TOP ↑