そったく(啐啄)

自分に自信がなく、他人に合わせる事ばかりだった私が、どうやって自信と五感を取り戻して、会社を辞め自分らしい生き方を探しているのか、そんな日々を綴ります。

カテゴリーの説明

いくつになってもイキカタ探していいし、どんなイキカタだって選べるということを気がつくと生きている全部の時間を使って実践していました。「やりたいかどうかわからないけど働かなければならないから」と思って義務として働いていたときより、生きている実感があります。真面目30代女子が、会社辞めて放浪するってどんな感じなのか書いてみます。そうすることで、イキカタを変えたいと思っている人の参考になればいいなとか思ったりします。

【空音遊丁稚日記について】

2014年6月から2015年冬までお世話になっていた、空音遊での日々を綴った日記です。

(以下は丁稚当時書いた文章)

徳島の秘境、大歩危にある「自然菜食と田舎暮らしの古民家宿 空音遊」で丁稚奉公させてもらっています。(丁稚奉公とは何時間か働く代わりにベッドと食事をいただける制度。田舎暮らしや自然菜食、健康、その他たくさんの事を学ぶ事が出来ます。)
都会から田舎暮らしへと、忙しく仕事に追われる日々から田舎でゆったり暮らす日々へと環境が変わった中で、日々の出来事や感じたことを日記形式で書いていきます。

空音遊に至るまでの人生のあらすじ

最初は人生の一般的なレールにのるべく大学を卒業して大阪の企業で営業として6年ほど勤めていたのですが、
30歳で退職し、プータローさんしたり、岡山で1年弱働いたりして過ごし、
現在は徳島の秘境にある、「田舎暮らしと自然菜食の古民家宿 空音遊」で丁稚として過ごしながらこれからの生き方を模索中です。

※丁稚・・・少し働く代わりに食費と宿代が無料になるしくみです。また田舎暮らしとかいろいろ学ばせていただいています。

会社を辞めた頃は、当時趣味で学んでいたNLP心理学を活用してセラピストになるぞ、とか言っていたんですが、2年位いろいろやってみたものの、なんとなくピンと来なくて、
2014年の3月頃に突然「書く事でナリワイとしたい」と思いつきました。
ところが、「書く事でどうやって稼いだらいいんだろう」ということがわからなくて、その時に偶然泊まった空音遊のオーナーさんが「本を出版するのを手伝ってくれる丁稚がいつか来たらいいなあ」とつぶやいているのを聞いて、お願いしたら、やったことないにも関わらず快く受け入れて下さいました。
※NLP・・・心理学の一種。私が学んだ国際NLPの中には催眠療法や、過去生療法など様々な手法を含んだセラピースキルも含んでいる。

先の予定を全く決めずに2014年6月からこちらに来て、本をお手伝いしながらどうやって稼ぐかなあと考えていたときに、ふと「そう言えばブログアフィリエイトと言う手があったなあ」と思い立ち、10月からパワーブロガーになるべくいろんな事にチャレンジ中です。

もうひとつのテーマは心です。
自分はもともと精神が弱かった事が悩みだったので、特にすぐに感情的になるとか落ち込みが激しいとか、だから自分なんてダメだと思い込んでいた様な人間でした。そこから変わりたくて、ようやく変わるきっかけをつかんだ気がして、いま自分のこころを磨いています。
それと、14年3月頃「こうしなきゃならないとか、こうしてはならないとか、自分はなんて思い込みでガンジガラメになっていたんだろう。」と言う事にはたと気付き、そこから自分を解放していく心の旅にも挑戦中です。

(2014年11月18日現在)

2015/03/11


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です