そったく(啐啄)

自分に自信がなく、他人に合わせる事ばかりだった私が、どうやって自信と五感を取り戻して、会社を辞め自分らしい生き方を探しているのか、そんな日々を綴ります。

気付き

どれだけのことを自分に許せるようになるのだろう

2014/11/18

どうしても今作っているブログに私の日記がなじむ気がしないので、こちらに新しくブログを立ち上げる事にしました。
マイペースにあげていきます。

今日の気付き。

人の話をさえぎるのは悪い事だと思っていました。
会社でうっかりさえぎってとても怒られてしまいましたので、
それと、人の話は最後まで聞きましょうと本で読んだのもあり、
それ以来どんなに聞きたくない話でも最後まで聞いていました。いえ、聞く振りをしていました。

人前で泣く事は悪い事だと思っていました。
なぜなら、泣いたら許されると思っているでしょ、とか
泣いたら相手に気を使わせてしまうとか、甘えているとか、そんな風に言われたかどこかで読んだのか、
とにかく人前で泣いてしまう自分はダメな人間だと思っていました。

毎日メールとかしたら、まして手紙なんて書くのはいけない事だと思っていました。
重たい人間だと思われると思っていました。重たい人間だと思われたくないと思っていました。

いったい私はどれくらい他に、何かを悪い事だと思っているんだろう。
そうして、どれだけ自分を勝手に規制しているんだろう。
どれだけ自分は誰からも完璧だと思われたくて、思われないといけないと思っていたんだろう。

もしかしたら笑いながら心の奥底ではひとのことも責めてしまっているのかもしれません。

ここ(空音遊)にいると、
どれだけ私が勝手に思い込みで自分をガンジガラメにしていたのかに気付く事が出来ます。
泣いている私を笑いながら「魂の浄化ですね」とか言いながらただの風景としてみていてくれることが
とてもとても嬉しいです。

気付いても気付いても出てくる「わるいこと」を自分にどれだけ許してあげられるようになっていくんだろう。
そうして誰かの事も心の底からもっともっと許せるようになっていくんだろう。

と思いました。

そう言う事に気付けるから、しかってくれる人、見守ってくれる人、
いろんなやり方で私に接してくれる人、
みなさんに、ありがとうございます。

-気付き