そったく(啐啄)

自分に自信がなく、他人に合わせる事ばかりだった私が、どうやって自信と五感を取り戻して、会社を辞め自分らしい生き方を探しているのか、そんな日々を綴ります。

未分類

NLP等の心理セラピーで私がやりたいこと

私がNLPなどの心理セラピーでやりたいことは、
その人がその人らしく生きられるよう導く事です。

「その人がその人らしく生きる。」

というのは、
こんな風になりたいという理想の姿を実現するということでもあり、
その人がやりたい事を実現していくという事でもあり
またやりたい事がない人がそれを見つけてくるということでもあると考えています。

1)一つ目は、やりたいこと、夢を叶えるサポートがしたいということです。
私は昔、学生から社会人からよくわからない人までいろんな人が集まって未来について語り合うイベントをやっていました。
そこで、友人や周りの人たちが「やりたいこと」について語るのを聞くのが大好きでした。
将来こんなことがしたい、あんなことがしたい。
その多くは、手段こそいろいろでしたが「世の中をもっと良くしたい」ということでした。
世界で困っている人を助けるこういう事をしたいとか、
身近でこういうことが問題だからそれを解決する為に何かしたいとか。
その他には、こんな先生になりたいとか、
あるいは音楽で、芸術で身を立てたいというようなものもありました。
そう言う夢を聞いているとワクワクしました。

みんなの夢が、全て叶っていったらすごい事になるんじゃないかと思いました。

でも、多くの人たちが社会に出ていろんな事情で夢を手放していくんだろうな
ということも想像できました。

今は、起業したり、なにか新しいことをしたいという人たちが夢を叶えていくとき、
環境的には昔に比べても随分簡単になってきていると思うんです。
インターネットとパソコンがあれば、簡単に宣伝もできちゃうし、仲間も見つけやすい。
でも、意識が昔のまま変わっていない。
それは、企業に勤めている方が安心とか、言われた通りの事をやっていたら安泰とか。

だから、逆に言うと意識が変われば行動できる人も多いんじゃないか。

私自身がそうでした。
夢に向かうとき、一人だと不安だったり、投げ出してしまうかもしれないけど、
もしそこに一緒に走って常に応援して進むべき道を照らしてくれる存在がいたら大きいと思うんです。

それに加えて、夢に向かう恐怖や不安やその他いろんな感情を手放して、
前に向かう勇気と愛を身につける事など、
無意識を扱う知識を使った心理面でのサポートがしたいと思っています。

2)やりたいことをみつけるお手伝い

もうひとつ、私自身の話をすると、
私には長い間、夢がありませんでした。
(小学校の頃、オリンピックの選手になりたいと文集に書いたのが最後のような気がします。
それもそんなに本気じゃありませんでした。)

それなのに、やりたい事を仕事にしたいと思っていました。

やりたいことがしたいのにやりたいことがない。
ずっとみつからなくて大学まで出てとりあえず就職もしたけど、
ずっともやもやしたままでした。

そして、NLPに出会いました。
最初は自分の為に習い始めたのですが、数年経つうちに
これを仕事にしたいと思えるまでになりました。

でも、迷いもありました。本当にこれでいいのかと。
会社も辞めて独立をめざしてから一度、
本当によくわからなくなって1年ぐらいNLPセッションを仕事でするのを辞めました。
だけど、やっぱりまたここに戻ってきました。

「その人がなりたい自分になるのをサポートする」ということに

今でも100パーセント確信を持ってこれをやっているわけではありませんが、
100パーセントに近い所で、これがやりたいことなんだ、と感じています。

振り返ると、やりたい事がわからなかった理由の一番大きなものは、不安(恐怖)でした。
会社を辞めるのが不安、親の言う通りにしないのが不安、経済的な不安
自分にできるかどうか確証がない不安、人から受け入れられなくなったらどうしようと言う不安
対人不安、安定を捨てる不安・・・

そう言ったいろんな不安が、私のやりたいことを見えなくさせていたのです。
もっというと、
そう言う不安が自分の中にある事すら見えていませんでした。

NLPや、人生の中で少しずつ見つけていって、不安と正面から向き合って解決して、
そうしていく事でやりたい事のビジョンがどんどんクリアになっていきました。

これは、実際には「やりたい事がわからない」と思っている多くの人に当てはまるのでは
ないかと考えています。

だから、そう言った人たちが自分の中にある見えるのを妨げているもの
(例えば不安、恐怖、など)に自ら気付き、向き合い、解決するのを支援していく事で、
行動し、やりたい事を見つけるサポートをしたいというのが二つ目です。

3)あとは、普段の生活や人生そのものを「その人のなりたい姿」へと実現する
セッションをしたいと考えています。

例えば、感情的になりやすい自分をなんとかするとか、
理想の体型を実現するとか
肩が凝りやすいのをなんとかしたいとか、不眠をなんとかしたいとか、
仕事中毒を治したいとか、家族との時間をもっと作りたいとか、
すぐに投げ出してしまう自分を変えたいとか。
◎◎さんを許したいとか。

病院ではないので、薬とか物理的なサポートや診断はしませんが、
メンタル面や、あとは具体的な行動面から、
例えば、ダイエットの為の運動を続けるサポートとか、
自由な時間を確保する為にどんな戦略をとればいいか考えるサポートととか

また、心と身体は繋がっているといいますから、
無意識にある課題を解決する事で身体も癒されるということも起こってきます。

私自身も疲れやすくあごが凝りやすかったのが
無意識の問題を解決した事で随分楽になりました。

具体的には
単発セッションもしくは定期的なセッションを通じて、
やりたいことを明確にするのをサポートする。
やりたい事を見つけるのを邪魔している信念や心理的なブロックを「見つけて」「外せる」ようサポートするセッションを行います。

定期的なセッションをする目的は、
何かに向かうとき、壁と言うのは一度にどーんとまとめて出てくるよりも、
進むにつれていろいろぶち当たっていくケースが多いのと、
夢に向かっていたはずが、目の前の事にとらわれるあまりどこに向かっていたのかわからなくなったりするケースもあるからです。

-未分類