*

[生き方図鑑6]世の中のいろいろを見聞する内に3つの名前を貰った男(4/4)

公開日: : 人物図鑑

最初から読みたい方は、 [生き方図鑑6]世の中のいろいろを見聞する内に3つの名前を貰った男(1/4)をご覧下さい。

タップダンスに目覚め会社を辞めたみみさんが次に向かう先はどこだったんでしょうか。

自転車の素晴らしさに気付き、自転車をつくるため溶接を学ぶ学校へ

3.11を契機に価値観ががらりと変わったという人の話はよくききますが、みみさんもその一人だったんだそうです。このままでいいのか、と思い、原発反対とかいろんな活動にも参加したんだそうです。

当時、リサイクルショップでいろんなものを修理していたんだそうなんですが、その中でも自転車に可能性を感じたんだそう。その理由は、「自転車は、機械と人間のいい関係の象徴なんじゃないか」と感じたからだそうです。
「新しければいいってもんじゃない、(昔からある自転車のような)古いもののよさ」を知ったんだとか。その経験から新しい自転車を作りたいと思い、溶接の職業訓練校に通う事にしたんだそうです。

日本の原風景を残す、というアレックス・カーさんの理念に共感して、三好へ。

ところが、半年間の訓練を終えたのは良かったものの、自転車業界は斜陽産業のため、もはや日本の自転車メーカーは海外に工場を移転していました。そして、学校から紹介される仕事は、原発の部品や汚染水タンクなど原発関連の仕事ばかり。原発反対などにも参加していたみみさんとしては、それはちょっと違うなあと思ったんだそう。
そんなとき、みみさんの友人の友人が、徳島県三好市の祖谷の空家を利用したステイ事業「ちいおり」を行っているアレックス・カーと言う人で、そこから「ちいおり」が求人をしている事を知ったんだそうです。そして「日本の原風景を次世代に伝える」という思いに共感し、アレックスとメールをやり取りしているうちに、誘われて三好市祖谷に来ることにしたんだそうです。

これからのみみさん

こちらにきてまた新しいつながりができたり、今までにない経験を楽しんでいるんだそうです。
これからは、まずは、次世代に日本の原風景を伝える、という「ちいおり」のミッションに向かっていきたいということ。そして若い人の生きる場が必要だと感じたんだそう。例えば観光、農業、廃校利用など、いろんなやり方を見る事ができたので、それを発展させることが出来たらなあという思いがあるそうです。

わらちゃんの感想

どうしてこういう人生を選んだのか、いわゆる世間で言う「普通に」会社で就職して生きる道は考えなかったのか、尋ねてみました。すると返ってきた返事は「いろんなことを見たかった」んだそうです。
高校の頃からしていた演劇の仕事では、ほかの人の役を演じる事でいろんな人生を体験する事ができたわけですが、そこから「リアルな世界」を体験したい。それが今の人生にも繋がっているんだそうです。

初対面のときは、普通のお兄さんという感じ位に思ったのですが、話を聞けば聞くほど、人生そのものが面白くて、まるで物語のようだと感じました。
それでいて、毎回人生の選択にきちんと理由があり、そのときに感じた通りに物事を始め、物事を終わらせ、次にすすむんでいると感じて、印象に残りました。

私だったらこんな風にスッと心のままに物事を始め、そして終わらせるといった風に
素直に人生を選べるだろうか。そんな風に思いました。

私は未だに昔の「歩むべき人生像」にとらわれているところがあるかもしれません。
つまり、会社で定年まで稼ぐ生き方、もしくは、ひとつの夢を見つけそこにむかって人生をかけていくような生き方。だけど、これからは、みみさんのように流れるままに自分の信じる道をその時々で選び続ける生き方も、もっと増えていく様な気がしています。

事情により書けない事や、割愛したおもしろ話もたくさんありますので、それはぜひ、みみさんに直接聞いてみて下さい(笑)

みみさん情報

種族:耳浦さん
生息方法:ちいおりトラストスタッフ
年代:40代
生息場所:三好市祖谷地区
好きな食べ物:?
趣味/特技:タップダンス

スポンサードリンク

Sponsored Link

関連記事

[生き方図鑑5]就職無理って思って受けてみたオーデションから俳優生活20年(前編)

種族:大川原 直太さん 生息方法:俳優さん 年代:40代前半 今回の人物図鑑の登場

記事を読む

[人物図鑑]子どものような自由な心で創意工夫の自然菜食研究家に(3)

さて、かおりさんがどのようにしてのりさんと出会い、大阪から徳島に移住して自然菜食研究家&空音遊の料理

記事を読む

[人物図鑑]子どものような自由な心で創意工夫の自然菜食研究家に(2)

最初から読みたい方は、子どものような自由な心で創意工夫の自然菜食研究家に(1)からご覧下さい。

記事を読む

[生き方図鑑10]愛知、石垣島そして徳島へ。直感に正直に流れ生きてきた20代女子!

今回は人物図鑑では現在最年少、20代の方の登場です。 何回か会ううちに「この人面白そうやな」と

記事を読む

[生き方図鑑7]生まれ故郷で自分の信念を貫き「変わった」事をし続けた60余年(3/3)

最初から読みたい方は生まれ故郷で自分の信念を貫き「変わった」事をし続けた60余年(1/3)をご覧下さ

記事を読む

[人物図鑑]子どものような自由な心で創意工夫の自然菜食研究家に(4)

最初から読みたい方は、子どものような自由な心で創意工夫の自然菜食研究家に(1)をご覧下さい。

記事を読む

10年間信じる道を進んで時代の最先端を行くお宿に(後編)

自分の生き方を貫いて10年間ただひたすら秘境の地で空音遊を続けたのりさん。そこに流れる信念や今後の展

記事を読む

[生き方図鑑5]就職無理って思って受けてみたオーデションから俳優生活20年(後編)

最初から読みたい方は、就職無理って思って受けてみたオーデションから俳優生活20年(前編)をご覧下さい

記事を読む

10年間信じる道を進んで時代の最先端を行くお宿に(前編)

お宿に棲み着いていると、面白い方々との出会いがたくさんあります。これからそんな人達の生き方を取り上げ

記事を読む

[生き方図鑑7]生まれ故郷で自分の信念を貫き「変わった」事をし続けた60余年(2/3)

最初から読みたい方は生まれ故郷で自分の信念を貫き「変わった」事をし続けた60余年(1/3)をご覧下さ

記事を読む

スポンサードリンク

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

Sponsored Link
  • 作者(とまと)です

    「わらちゃん」です。
    元々、関西出身で大阪でバリバリ働いていたんですが、そのころから生き方とか色々考えた結果、ナリワイで生きる、好きな場所で生きる、ということがいいんじゃないかと思うようになりました。
    現在は徳島の山奥にある宿に棲み着きながら面白いお話を収集しています。
    またお宿に棲み着きのインタビュアーとして面白い人生の事例を集める「人物図鑑」特集も実施しています。

    詳しいプロフィールは自己紹介ページで


  • ikikatamini2

    流れのままに生きていると、どこに辿り着くのだろう。
    聞いていて、自由だな〜とか面白いなあ〜といういきかたをしていると感じた、個人やカップルの事例を取り上げていきます!いきかた図鑑

  • ミニバナーカップル

    お宿で聞いた面白いカップルの出会い方をまとめた「出会い編」カップルや夫婦での新しいありかたを書いた「カップル生き方編」を綴っていきます。そんなカップルありなんだ!自由すぎる!と新しい発見があるかもしれません。続きはこちら

  • bashoミニ
    いいものを扱う場所、いい出会いを演出する場所、すてきな空間。人生が変わる場所。いいな、と思う場所を集めています。続きはこちら

PAGE TOP ↑