*

就活に疲れたら・・・就職活動のやり方を変えて、内定をもらう確率をあげる具体的な方法(1)

公開日: : 就職

今、就活するなら、「就職サイトが必須」みたいな流れになってますよね。
リクナビ、マイナビ、エンジャパン、学情ナビ、日経ナビ・・・
いろいろ比較して、どこに登録しようかなあと悩んだりしている方も
多いんではないでしょうか。

でも、この業界に何年も勤めていたからわかるんですけど、
就職サイトって便利なようで、罠がたくさん潜んでるんですよね。

今からその理由を書いてみたいと思います。
長くなりますが気になった方はぜひご一読を。

1)就職サイトは異常に応募倍率が高くなるケースがある。

就職情報サイトって10000社ぐらい載ってたりしますよね。
(それらが世の中の新卒採用の全てだと錯覚していませんか?
違います。それはまた後で書きます。)

そして、就活生たちはそこからエントリー企業を探せといわれます。
でも、10000社からどうやって探したらいいんでしょう。

とりあえず大手企業とか名前きいた事がある会社とか
エントリーする人も多いんじゃないでしょうか。
就職サイトって気軽にエントリーできますよね。
パソコンの前に座ってポチッとクリックするだけで応募できるだけに
倍率が高くなりがちなんです。

某CM出しまくってる有名食品メーカーなどは、
ある年40000エントリー位集まってました。
就活生が40万人と言われた年です。
10人に一人は応募している計算になります。
でも採用はたった40人程。倍率1000倍。

そこまでいかなくても、従業員数100人とか200人とかの中小企業でも
メーカーとか商社とか人気の業界だと平気で2000エントリーとか
集まったりします。そんな企業だと採用人数も当然せいぜい10人位。
単純計算で倍率200倍。

大学受験だと高くてもせいぜい倍率10倍ぐらいですよね。
倍率200倍って最初からわかってたら受けますか?
まあ受けたとしても、滑り止めもあわせて受けますよね。
でも就職サイトは大学受験のように
偏差値や倍率など教えてくれませんので、
倍率が高い所ばっかり気がつかずに受けてしまってたりするんです。

だから、結局10社受けても20社受けても落ち続けて
「自分はダメな人間なんだ」と自信をなくしてしまう訳です。

倍率が200倍だとしても、
200社受けてようやく1社です。
それは、20社位、普通に落ちても仕方がないでしょう。
もちろんあなたにも反省すべき点はあるかもしれませんが、
あなたのせいではないかもしれません。

2)実は企業側には欲しい大学というのがあるが、それがサイトからはわからない。

企業によっては、大企業、有名企業はもちろん規模の小さな企業でも
大学名で選ぶ企業もまだまだたくさん存在します。
でも就職サイトでは一切そういう事は表示しません。
それは、「大学名で選ぶと企業のイメージが落ちる」
と彼らが思っているからです。

何でそういう事になったのかよくわかりませんが、
多分、人物重視で選ぶべきだという論調が強いんでしょうね。
実際大学名で選んでいる事を明確にしていた企業が
ネット上で炎上しているのを見た記憶があります。

ギリギリのラインで「○○大生限定セミナー」を実施する位です。

だからこそいわゆる有名校以外の出身者は更に苦労します。
まさか大学名で落とされてるとは知らずに、
(うすうす感じている人は多いでしょうが)
あたかも書類や面接の結果が悪かったかのようにして、
落とされていく訳です。

だから、
数十社落ちた位で絶望したり
人間性を否定された気になる必要はありません。

では、具体的にどうすればそういう「サイトの罠」から抜け出して、
「就活疲れ」の状態から脱出できるのでしょうか。
どこに、あなたが内定をもらう確率が高い企業があるんでしょうか。
それについては「就活に疲れたら・・・就職活動のやり方を変えて、内定をもらう確率をあげる具体的な方法(2) 」をご覧下さい。

スポンサードリンク

Sponsored Link

関連記事

就活に疲れたら・・・就職活動のやり方を変えて、内定をもらう確率をあげる具体的な方法(2)

前回の「就活に疲れたら・・・就職活動のやり方を変えて、内定をもらう確率をあげる具体的な方法(1)」で

記事を読む

就活をしたくないと思った時、振り返ってみるとよいポイント(1)

就活をしたくないと思うときってありますよね。 私もありましたねー頻繁に(笑) 就活がしたくな

記事を読む

就職が決まらない理由と対処法を考えてみる(3)

最初から読みたい方は就職が決まらない理由と対処法を考えてみる(1)をご覧下さい。 「就職が決ま

記事を読む

就活をしたくないと思った時、振り返ってみるとよいポイント(2)

最初から読みたい方は、就活をしたくないと思った時、振り返ってみるとよいポイント(1)をご覧下さい。

記事を読む

就職しない生き方の例と出会える場所(1)

学生の方は、就職活動もいよいよ後半ですよね。 就職先が決まった!と言う人もいれば、 まだまだ

記事を読む

就職が決まらない理由と対処法を考えてみる(1)

いまから5年程前に、 景気が悪化して就職率が低下していたとき、就職を希望しながら就職できずに卒業し

記事を読む

就職が決まらない理由と対処法を考えてみる(2)

最初から読みたい方は就職が決まらない理由と対処法を考えてみる(1)をご覧下さい。 「就職が決ま

記事を読む

就活がつらい...そんなあなたの気を楽にする3つの情報

就活がうまくいかないとき、 就活つらいと思ったり、落ち込む事ありますよね。 1社ならまだしも3社

記事を読む

(就職しない生き方)こころのままに生きる実験

就職するためのノウハウ系エントリーが最近続いていましたが 私自身はもう、就職には興味ありません。

記事を読む

就職しない生き方の例と出会える場所(2)

最初から読みたい方は、就職しない生き方の例と出会える場所(1)をご覧下さい。 就職しない、就活

記事を読む

スポンサードリンク

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

Sponsored Link
  • 作者(とまと)です

    「わらちゃん」です。
    元々、関西出身で大阪でバリバリ働いていたんですが、そのころから生き方とか色々考えた結果、ナリワイで生きる、好きな場所で生きる、ということがいいんじゃないかと思うようになりました。
    現在は徳島の山奥にある宿に棲み着きながら面白いお話を収集しています。
    またお宿に棲み着きのインタビュアーとして面白い人生の事例を集める「人物図鑑」特集も実施しています。

    詳しいプロフィールは自己紹介ページで


  • ikikatamini2

    流れのままに生きていると、どこに辿り着くのだろう。
    聞いていて、自由だな〜とか面白いなあ〜といういきかたをしていると感じた、個人やカップルの事例を取り上げていきます!いきかた図鑑

  • ミニバナーカップル

    お宿で聞いた面白いカップルの出会い方をまとめた「出会い編」カップルや夫婦での新しいありかたを書いた「カップル生き方編」を綴っていきます。そんなカップルありなんだ!自由すぎる!と新しい発見があるかもしれません。続きはこちら

  • bashoミニ
    いいものを扱う場所、いい出会いを演出する場所、すてきな空間。人生が変わる場所。いいな、と思う場所を集めています。続きはこちら

PAGE TOP ↑